2010年01月29日

藤川優里氏「出馬は?」に笑顔で無言…自民党大会(スポーツ報知)

 小泉Jr.が、“美人すぎる市議”にラブコールを送った。自民党は24日、今年最初の定期党大会を都内のホテルで開催。若手有望株の小泉進次郎衆院議員(28)は丸川珠代参院議員(39)とともに司会を務め、終了後は、今夏の参院選に自民党の比例代表での出馬が濃厚な青森・八戸市議、藤川優里氏(29)について「(参院選に出れば)心強い」と立候補を熱望した。

 発言が注目された藤川氏は、退場時に「出馬は?」の直撃に笑顔でスルー。マネジャーと思われる女性に守られながら無言のままだった。テレビ局1社の取材に応じた後は、報道陣が待ち受ける出口には姿を見せず、ひっそりと会場を後にした。

 参院選に関する発言はなかったが、堂々の全国区デビューとなった。党員の女性代表として紹介されて壇上に上がると、会場は「あれだよ、あれ」と笑顔を浮かべたり、携帯電話のカメラを構える出席者であふれかえった。

 ひざ上約7センチのミニスカートの濃紺スーツ。カチューシャにスカーフと小技も利かせた「美人すぎる市議」は、力強い声で「我が党はこれまで、女性の利点をあまりにも軽視してきたのではないでしょうか」と問題を提起。そして「私たち女性党員は理屈で動くのではありません。自民党、そしてこの国を愛する情熱が私たちを動かすのです!」と宣言すると、大きな拍手が巻き起こった。閉会後は、ツーショットを希望する来場者とプチ撮影会を敢行する人気ぶりだった。

 【関連記事】
美人すぎる市議、映像で八戸をPR
美人すぎる市議、参院選出馬の意向伝える
優里市議も食べる!?自民党大会でまんじゅう販売
美人すぎる市議・藤川優里氏が自民から出馬へ

千葉大生殺害、ATM男を窃盗容疑で再逮捕へ(読売新聞)
足利事件再審で再生された録音内容の抜粋1(読売新聞)
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕−大阪府警(時事通信)
<訃報>藤本久徳さん77歳=舞台美術家(毎日新聞)
鳩山首相「小沢氏は潔白証明を」 衆院予算委質疑詳報 (産経新聞)
posted by nnzqbco6ji at 01:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

「就活くたばれデモ」東京でも開催 2ちゃんとグーグルが学生をつないだ(J-CASTニュース)

 「就活くたばれデモ」と銘打った大学生たちのデモ行進が2010年1月23日、東京のオフィス街で実施された。「就活のバカヤロー!」と書かれた横断幕をもって「希望がないよ!」などと訴えた学生のほとんどは、デモ初体験。ネット掲示板で生まれた着想が、バーチャル空間での議論を経て、リアルな共同行動につながった。

 デモには、東京都内の大学生を中心に10数人の若者が参加した。ほとんどが男性で、女性は1人だけだった。午後2時半、銀座1丁目の公園を出発したデモ隊は、オフィスビルや店舗が建ち並ぶ外堀通りを北上。東京駅前にあるリクルート本社の前を通過して、日本橋までの約2キロを歩いた。

■「就活のあり方に不満があっても、声に出すことができない」

 学生たちは「お先まっくら」「毎日いきづらい」などと書かれたダンボール紙を手にもって、「就活茶番!」「勉強させろ!」「希望がないよ!」とシュプレヒコールをあげた。ただ、今回初めてデモに参加したという学生が大半だったこともあり、総じておとなしい印象。沿道の人達は「いったいなんだろう」という表情で見守っていた。

 今回のデモは、2009年11月に札幌で実施された「就活くたばれデモ」に刺激された東京の大学生たちが中心となり、インターネット上で企画された。

 きっかけは、ネット掲示板「2ちゃんねる」の大学生活板に「関東でも就活くたばれデモをやろう」と呼びかけるスレッドが立ったことだ。その後、だれでも自由にページを編集できる「WIKI(ウィキ)」や、見知らぬ人たちがネットで議論できる「Googleグループ」といったネットサービスを活用して、企画を煮詰めていった。

 Googleグループに参加したのは約30人。東京にかぎらず北海道から沖縄まで全国の若者が語り合った。その結果、就職情報サービスを運営するリクルートにアピールしようということになり、本社がある東京駅周辺でデモを実施することが決まった。

 それにしても、なぜ「就活くたばれデモ」なのか。言葉の響きからすると、就職活動そのものを否定しているようにも聞こえるが、そういう意図ではないという。企画の中心となった都内私立大学の2年生は

  「現在の就職活動のあり方を世に問いたいと考えた。今は1年生から内定者と話をしたりして就活を始める人も出ているが、このまま早期化していく流れが強まると、もう大学ではないのではないかという意識があった」

と話す。また、大学院に行くか就職するかで悩んでいるという早稲田大学の3年生は

  「大学生の多くは今の就活のあり方がおかしいと思っているのに、そういう不満を声に出すことができていない。こういうデモによって不満を可視化し、それをきっかけに就職情報会社や企業も含めて議論していければいい」

と語った。

■「沿道の視線が気になり、恥ずかしかった」

 欧米と違って、日本にはデモの文化が根付いていないといわれる。特に学生運動が盛んだったころを知らない20代、30代の若者はデモに参加した経験もなく、どのように実施したらいいのかよく分からない。今回も経験者がほとんどいないなかで、警察との対応やルート設定などで苦労したという。

 初めてデモに参加した学生の反応は、

  「沿道の視線が気になり、緊張して周囲を見られなかった。恥ずかしくて、前だけを見て歩いていた」(法政大学3年生)

というものもあれば、

  「公道を歩いているうちに気分が高揚してきて、面白かった。またデモがあれば参加したい」(明治大学3年生)

という意見もあり、さまざまだ。

 現代の若者のデモといえば、東京芸大の毛利嘉孝准教授が『ストリートの思想』(NHKブックス)で紹介しているように、既存の労働組合や市民団体とは無関係の、自由気ままな新しいタイプのデモが東京・高円寺などで実施されている。今回の「就活くたばれデモ」も後方でハーモニカを吹き鳴らす若者がいるなど、それを意識したような動きもみられた。

 以前、学生デモを企画したことがあるという前出の早大3年生は、  「デモには『怖い』『イタイ』というイメージがあり、男性中心になりがちと言われている。今後は僕らももっと戦略を練って、より見られることを意識したパフォーマンスをしないといけないだろう」

と話している。


■関連記事
最高学府はバカだらけ この現実どうするのか /(連載「大学崩壊」第1回/大学ジャーナリスト・石渡嶺司さんに聞く) : 2009/05/02
就職できない大学生 2010年春は氷河期並み10万人超え : 2010/01/04
「就活に答えなんてない」 ジャーナリスト石渡嶺司さんに聞く : 2009/05/25
現役女子大生の「就職活動」がツイッターで見られる! : 2009/12/24
「ロスジェネ」のデモ、誰にアピールすべきか? : 2009/03/12

首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」(産経新聞)
小沢氏聴取へ 地検、矛盾突く構え 4億円原資 激しい応酬予想(産経新聞)
【風】禁煙タクシー客離れは杞憂(産経新聞)
生活保護世帯に教育クーポン 反響 西宮のNPO法人 募金で達成(産経新聞)
<貝塚市長選>元副市長の藤原龍男氏が初当選(毎日新聞)
posted by nnzqbco6ji at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

「妻と長男、長女を殺した」と男が出頭(産経新聞)

posted by nnzqbco6ji at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。